たねやつの木

写真、HDR画像の編集技法などを書いています。

メキシコレトロスペクション (3 - 大学)


PR

こんばんは、たねやつです。

近頃は東京だけでなく、関西でも雪が積もったりしていますが なかなか予定が合わず写真撮りにイケてないです、、

思えば今年に入ってから一回もシャッターを切っていないような(´ェ`)

前の記事

大学

滞在していた大学は通称UDLAPという大学でした。

22044067302_22f82273ac_o

図書館から前回の国旗の所を見た感じ。 朝はとても寒いのに日差しはめちゃくちゃキツく、日焼け止めと偏光サングラスが必須でした。

欧米人やメキシコ人の様に目の彫りが深いと大丈夫なんでしょうか...(笑)

私も割と深い方なのですが眩しかったですね(-.-)

写真ではなかなか伝わりにくいですが、とても雲が近く感じました。

IMG_1213.jpg


IMG_1641.jpg

ジムやダンスホールのある教室(?)。かっこいい!


IMG_1637.jpg

前回の黄色い建物。土地が広いおかげかこのように2-3階の建物と侵入可能な屋上といった感じの建物しかありませんでした。


IMG_1627.jpg

この形状の階段は初めてでした(笑)

階段の踊り場の部分にトイレへの入り口が有ったりといろいろぶっ飛んでいます!




IMG_1227.jpg

タコスやさん。メキシコの本場のタコス!! 目の前に写るは一緒に日本から来た子たち。

メキシコの通過はメキシコペソというもので、記号はアメリカドルと同じく$を使います。 1ペソ($1) ≒ 10円で、自販機では10ペソでコカ・コーラを購入できました。水よりも安く品質・安全性が一定なので 基本的にはコーラを飲む生活でした(笑)

ちなみにメキシコはコーラ消費量世界1位の国。

IMG_1233.jpg

ワンプレート400円ぐらいでそこそこなお値段。

「コレほんとにタコス?」と思う方もいるかもしれません。私もそうでした(笑)

もっとひき肉と野菜、チーズをトルティージャで巻いたものという印象だったり、日本で実際にタコスとして 売り出されているものもそのようなものだったりしたのですが、 現地で売られているものの殆どは写真のような肉のスライスとサルサ、ライムというだけのものでした。(地域性があるのかもしれないです。)

トルティージャにも2種類有って、小麦出できたものと粉末にしたとうもろこしを練ったものが主にあります。

個人的にはとうもろこしの方は匂いがキツくてニガテでしたが、出来たて熱々の場合はとうもろこしのほうが美味しかったような記憶です(´ェ`)

奥には赤と緑のサルサソース。サルサ(salsa)とはスペイン語でそのまま「ソース」という意味なので、 サルサソースは訳のわからない和製語ですね(゚∀゚)

サハラ砂漠とかチゲ鍋も同じように[現地語 + 訳]ですよね。

赤い方が辛そうに見えますが、実は緑のほうが瞬発力のある辛味だったり... 主成分はなんなんでしょう?(笑)


IMG_1650.jpg

夕方のポポカテペトル。

結構な頻度でスコールが降ったのですが、降らない日にはこんな感じで山の麓からもくもくと雲が取り巻いています。

この光景を見ながらゆったり音楽を聞きながら歩いて帰る時間が緊張した海外での生活のリラックスでした(´ェ`)


次回は市街地などについての写真です。