たねやつの木

カリグラフィーとかいろいろな雑記。

sync-settingsで複数端末上でのAtomの設定を同期する。

概要

自宅のPCが複数あり、それぞれにAtomが導入されているので、単案つかんでのパッケージの導入や設定を均一にしたいため検討。 ちょこっと調べてみると、sync-settingsというもので実現できそうなので、その手順などを紹介。

手順

GitHubのアカウントを取得

まずは同期情報を保管しておくためのアカウントを作成。すでにGitHubのアカウントを持っている方はそれを利用。私はGitLabのアカウントしか持っていないので作成。
Join GitHub

プランは無料でいいと思います。ソースを公開するわけでもないので。私がgitLabを使う次第の理由はココですね(笑)。特に公開して困る内容をでもないのですが、ソースコードを公開するのはちょっとまだ気が引ける…

登録できたら、メールが送られてくるので認証を進める。

sync-settingのパッケージを導入

Atomより、File > Settings > Installより、sync-settingsを検索。 複数存在しているわけではないが、atom-communityが投稿しているものが正解。

インストールが完了するとポップアップが表示されると思うので、そこからでも設定変更可能。

GitHubでNew Personal Access Tokenを取得、設定

以下のリンクからアクセストークンを取得。
New Personal access token

Token Descriptionの部分は何でもいいですが、sync-settingsだとわかるようにする。

★Select scopesの部分は、gistにチェックを入れる!

作成したトークンキーは再表示することはできないので忘れずにコピー、どこかにペーストしておくこと。

Gistを作成

以下のリンクより、Gistを作成。 Gist作成

Gistとは、

コードの一部(断片)を管理することができる。

複数ファイルをまとめて管理しているリポジトリとは違い、1ファイルのみ、1クラスのみ、コードの一部分のみなどを バージョン管理ができます。ひとつのファイルで簡潔する場合はGistでもよいみたいです。

ブログ等に簡単に貼付けることができる

通常のバージョン管理とは違いGistで管理しているコードは、ブログ等の他のサイトに公開することができます。

バージョン管理ができる

Forkができる

他の人のコードを自分の所にコピーができます(Fork)

Gistもリモートリポジトリ

(引用 from GitHubについてもう少し知ってみる。その5(Gistでお手軽コード管理))

要は簡易版GitHubってかんじなんですね。

設定に戻って、discriptionの部分は何でもOKです。 Filename including extensionの部分は必ずpackages.jsonにする必要があります。

その下の 1 とある部分にコードを書いていくのがGistの使い方らしいのですが、今回は何でもいいので文字列をとりあえず入力します。そうしないとGistを作成できません。内容は初回の同期時に上書きされるので何でも構いません。

Create secret / public gistどちらでも大丈夫なので、とりあえずsecretの方を選択して作成。

その後に遷移するページの**URLのユーザー名以下をコピー。 例) https://gist.github.com/taneyats/***** の*****部分。 その*****の部分を、Atomのsync-settingsの設定のGist Idにペースト。 以上で基本的な設定は完了。

同期

packages > Synchronize Settings > Backupをクリックして現在の設定をGistにアップロードします。完了すると緑のポップアップが出てくると思います。 あるいは、packages > Synchronize Settings > View Backupをクリックして先ほどのGistのページから確認することができます。

あとは、Atom上での設定の部分(インストール、アクセストークン、Gist IDの設定のみ)を同期したいPCの方でも行い、packages > Synchronize Settings > Restoreを実行。

気になった点

初回同期時に、両者のAtomのバージョンが大幅に違う場合などに、パッケージをインストールできないことがありますので、両者最新バージョンにするか、バージョンを合わせるようにしてください。

最後に

以上、Atomで端末間で設定とパッケージなどを同期する方法でした。これでいちいち.atomディレクトリをコピーしなくて済む… なんてアナログなやり方だったんだ(笑)

いったん設定すると起動するたびにRestoreを行うようなので、設定を変更するたびにBackupを実行するだけで楽ちんですね!