たねやつの木

Photographs, Keyboards and Programming

AliExpressで購入したレンズクリップのレビュー(魚眼やマクロレンズ

自分の制作物の宣伝をさせてください!!🙇
アルチザンキーキャップ 『マツコの知らない世界』のキーボードの世界でも紹介されていたアルチザンキーキャップをBOOTHにて現在販売しております!!
興味のある方はコチラコチラの記事で紹介・販売していますので1秒だけでもご覧になってみてください!きっと気になる一品と出会えるかもしれないです!!✨✨

この記事では、AliExpressで購入した外付けレンズクリップについてまとめています。1500円程度で購入しましたが意外と値段以上の働きをしてくれそうです!

購入

タイトルの通り、AliExpressから購入しました。値段は当時の価格で約1500円でした。

類似商品はリンク先の関連から探るか、phone lensあたりで検索すると出てきます。具体的に欲しいレンズがあるのであればmacrofisheyeなどを付けて検索すると効率がいいですね。

内容物は以下の通りとなっています。

  • ポーチ
  • 装着するためのクリップ
  • ワイドレンズ(0.63倍)
  • マクロレンズ(15倍)
  • 望遠レンズ(2倍)
  • 魚眼レンズ
  • クロスフィルター(光芒を伸ばす)
  • 万華鏡フィルター(6面)
  • 万華鏡フィルター(3面)
  • 集中線フィルタ
  • 流し撮りフィルタ
  • CPLフィルタ

太文字にしているのは物撮りなんかに使えそうだなと感じたものです。以下詳細に見ていきます。

ちなみにAmazonでの類似の商品はこんな感じです。

AliExpressで購入するほうが種類も豊富で安価ですね。。。

外観

f:id:ibuquicallig:20201115214520p:plain

箱はこんな感じ。色合いとパッケージの感じはAnkerに似せてきていますね。。(笑) 箱に穴が開いているのはAliExpressではよくあることなのでめげない。。!

f:id:ibuquicallig:20201115214531p:plain

よく見ずに買ったのですがレンズとクリップを収納するためのポーチが付属してきました。中身はウレタンフォームが入っているのでばらけずにしっかりと保管できそうです。

f:id:ibuquicallig:20201115214542p:plain

各レンズはとても小さいです。一丸のレンズのように溝が彫ってありクリップに付け替えることができます。

f:id:ibuquicallig:20201115214550p:plain

スマホにつけてみるとこんな感じになります。使用しているスマホはGoogle Pixel4 XLで装着しているスマホはiPhone 6です。スマホ本体の中央にレンズがあるようなものでも、クリップのはさむ部分は結構長いのでおそらくどんなスマホにでも使用可能そうです。

f:id:ibuquicallig:20201115214600p:plain

クリップ裏側にはスポンジ状の素材が貼ってあるのでレンズ周辺を傷つけることはなさそうです。

レンズ

以下レンズの作成と使ってみた感想です。

魚眼

f:id:ibuquicallig:20201115214612p:plain

198°と書いていますが多分それぐらい写してくれていそうです!かなりけられてしまっていますがズームやトリミングで調整してイイカンジにしましょう。

f:id:ibuquicallig:20201115214620p:plain

少しズームしてけられ部分の削ってみます。画像は1.4倍ズームしている状態です。これだとだいぶ使いやすそうですね。

もっとボヤボヤする感じなのかなと思っていましたが、結構中央付近は解像してくれています。ズームして使ってもまあいい感じ。

クリップを付けるときにしっかりと中央が解像するように位置を調整してください。少しでもずれると一気に画質が悪くなるので注意してください。

自分の胴体付近の机にクリップかなんかでスマホを固定すると作業の手元配信をするときに使えそうな気がします。

マクロ

今回はこのレンズを目当てで購入しました。ハンドメイドアクセサリーやキーキャップをスマホで手軽にクローズアップして撮影したいがための購入です。

f:id:ibuquicallig:20201115214629p:plain

f:id:ibuquicallig:20201115214636p:plain

こんな感じでかなり接写でとることができるようになります。Pixelのデジタルズームも最近のはかなり優秀になってきましたが、ディテールの細かいものをおおきく撮ろうとしたときにはやはりまだまだこういったマクロレンズを使用しなければならないようです。

被写界深度はものすごく浅くなるので本当に特定の1ポイントだけしか写せなくなります(マクロレンズとはそういうものですが、、、

画像はアルチザンキーキャップを撮ってみたものですがかなりいい感じに映ってくれていると思います。

クロスフィルター

f:id:ibuquicallig:20201115214647p:plain

光源をとるとこのような感じで光芒が伸びて幻想的に映ります。かなり飛び道具的な感じですがいい感じのエフェクト感ですね。

明るくないところではあまり効果は出ないので注意です。物撮りでは使う機会は少ないかもしれないですが、光り輝くものをとるときには(盛りすぎない程度に)使うとゴージャスな感じにまとめ上げることができそうです。

最後に

最近はほとんどスマホのリアカメラで写真を収めてしまうことが多いのですが、かなり心強い仲間が協力してくれるようになりました!!

特に小さなものの物撮りが多いので滅茶苦茶活躍してくれそうな予感です😂😂